×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧水の成分について

様々な化粧水がありますが、含まれているものには共通点があります。いずれの化粧水にも、アルコールの一種であるエタノールやグリセリンなどが配合されています。そこに高分子成分、界面活性剤、エキス類、増粘剤などを加えて肌を整える化粧水ができあがります。化粧水を作る場合、閉塞性の膜を作るのは、コラーゲン、ヒアルロン酸や、ポリグルタミン酸、MPCポリマーです。これらは空気の湿気を集めて肌に水気を与える高分子です。ホホバオイルやオリーブなどのオイル類を乳化させたものも保湿効果に優れています。それらを使うことで肌表面の乾燥を防ぎ、水分が蒸散していかないように保っているのです。アミノ酸マルチトールやグリセリンなどの糖類も化粧品には重要な役割を担っています。グリセリンは保湿効果に優れ手に入りやすいので、手作り化粧水にもよく使われます。それらは水分を補給する効果を持っています。グリセリンやヘダインなどの低分子成分は、分子量が小さいので皮膚表面を通し真皮まで浸透することができます。化粧水には、この他にヒアルロン酸やコラーゲン等の肌表面で効果をもたらす成分も含まれています。肌にしみ通り水分を保つ成分と、肌表面に膜を作り水分の蒸発を防ぐ成分の2つで化粧水は成り立っているのです。

化粧水の種類

だいたい4つの種類から、化粧品は成り立っています。通常、化粧水といえば一般化粧水です。一般化粧水は肌に潤いを与え、肌荒れを防ぐために、主に洗顔後に使用します。水とアルコール成分をベースに、保湿効果のあるグリセリンを配合し乳化剤や香料を加えたものが主で、アルコール敏感肌のためのノンアルコール製品も作られています。アルカリ性化粧品は数は多くありませんが、存在はしています。大半の化粧水は、中性もしくは、弱酸性ですが、ごく少数でアルカリ性化粧水があります。アルコールやにアルコールに水酸化カリウムなどが配合されて作られており、あかぎれやヒビなどに効果がある化粧水です。pHが高くアルカリ性なので、人によっては長い間の使用で肌が薄くなることがあります。収斂化粧水は脂性肌に適した酸性の化粧水で、一般化粧品よりもアルコール分が多めの化粧水です。脂性の肌の人が毛穴を縮め、オイリー肌を改善するのにおすすめの化粧水です。フレッシュナー、もしくは除去化粧水と呼ばれる拭き取り化粧水は、皮膚をふき取るように使います。薄化粧落としに使うこともできますし、使用後のコールドクリームなどを落とす働きもあります。肌を洗顔する目的で使える、非常に手軽で使いやすい化粧品です。

ふき取り化粧水について

最近ふき取り化粧水について知ったのですが、洗顔のあと化粧水の前に使うと、化粧水の浸透がやっぱりよくなるんでしょうか?使っている方感想と、おすすめのもの教えてください。⇒そもそもふき取り化粧水とは、洗顔時等に洗い流せなかった角質や汚れをふき取りするものです。肌に余分なものをふき取りするので、化粧水の浸透も良くなりますよ。あごのザラつき等も改善されてきます。おすすめのものと言ってもいろいろあるのですが、どうせ使うのなら化粧水や乳液等、同じラインで揃えたほうが効果があります。最近ではメラニン色素に関係したものをふき取るものや、この季節特有の角質肥厚改善のためのものも多く出ています。用途によって使い分けることもできますね。

Copyright © 2007 - 化粧水口コミランキング【ふき取り化粧水】